ギアのあれこれ

キャンプのヒントになることをまとめてあります

ソロキャンプで焚火台を使った焚火のやり方

焚火はソロキャンプの醍醐味です。

ただ、焚火台を使った焚火のやり方がいまいちわからず、探り探りになっているという方も多いのではないでしょうか?

今回はそういった方のために、ソロキャンプで焚火台を使った焚火のやり方について詳しくお話していきたいと思います。

・ステップ1:薪を割る

ソロキャンプでの焚火台を使った焚火のやり方ですが、まずは薪を割るところから始めます。

手っ取り早く太い薪に火をつければ……と思ってしまいがちですが、太い薪にはなかなか火がつきません。

火がつきやすいように、薪を割って細い薪を作っていきましょう。

細いもの、中くらいのもの、太いものと3つくらいにわけておくといいかもしれません。

キャンプ場で枯れ葉や木の枝を拾う場合も同じようにわけていってください。

・ステップ2:焚火台の上で薪を組んでいく

薪を割ったら、焚火台の上で薪を組んでいきます。

焚火台を組み立てて、火種、木くず、細い薪、中くらいの薪といった具合に火のつきやすいものから順番に組んでいきます。

もし薪を用意せずにキャンプ場に落ちている枯れ葉や木の枝を使う場合でも、同じように火のつきやすい順番に組んでいきましょう。

火は上にあがっていくので、その性質を考慮して組んでいくのがポイントです。

・ステップ3:着火して様子を見ながら薪を少しずつ大きくしていく

着火したらしばらくはそのまま様子を見ます。

すぐにいじりたくなるかもしれませんが、ここはぐっと堪えるようにしましょう。

いじってしまうと熱が分散してしまって、余計に燃えにくくなってしまうのです。

火が弱くて心配になるかもしれませんが、あまりいじらずに空気を送り込むくらいにしておいてください。

火が少しずつ大きくなってきたら、太い薪を追加していきます。

焦らずに少しずつ火を育てていくような感覚で、薪を追加していきましょう。

太い薪にまで火がつくようになったら、火も安定してくるかと思います。

・ステップ4:空気を送り込む

火が安定してきたら、空気を送り込むようにしましょう。

薪を追加するときや燃えている薪をいじるときには、空気の通り道ができるように意識してみてください。

せっかく大きくなった火も空気の通り道がなくなってしまえば、火が弱まっていきます。

焚火台での焚火に慣れてくるとわざと空気の通り道をなくして火力を弱めたり、必要なときにだけ空気の通り道を作って火力を強めたりといったこともできるようになります。

空気の通り道を作っているのに火が弱いままというときには、火吹き棒などを使うと効果的です。

・ステップ5:消火する

焚火台での焚火のやり方ということでお話してきましたが、焚火の消火も忘れてはいけません。

ソロキャンプだからこそ、最後まで責任をもって焚火に向き合いましょう。

消火にあたってはまず、薪をくべるのをやめます。

焚火をやめる1時間くらい前から薪をくべるのをやめておいてください。

当たり前のことなのですが、薪をくべ続けると焚火は終わりません。

薪を追加しない状態で焚火を続けると、燃えている薪が灰や小さな炭になっていきます。

それが完全になくなってしまうのを見届けて焚火を終えるのもいいのですが、時間の関係でそれができない場合にはそれらを火消壺に入れて完全に消火します。

「水をかければそれで消えるのでは?」と思っている方も多いのですが、焚火は水だけでは完全に消火できないことも多いのです。

水をかけるよりも完全に空気を遮断してしまうことのほうが効果的です。

キャンプ場によっては消火後の炭を捨てるための場所が用意されていることもありますが、もしキャンプ場にそういった場所が用意されていない場合には自宅に持ち帰りましょう。

持ち帰ったものは各自治体のルールに従って処分してください。

・焚火台での焚火のやり方をマスターしてソロキャンプをより楽しいものに

お気に入りの焚火台を使っての焚火というのは、やはり楽しいものです。

やり方がわからずに試行錯誤するのもいい思い出にはなるのですが、火を扱う焚火だからこそ基本的なやり方というのは押さえておいたほうがいいでしょう。

特に、焚火においては火をつけるまでと火をつけてからに意識が向いてしまいがちなのですが、消火まで完璧にできるようになってこそ本当の意味で焚火のやり方をマスターしたと言えるのではないでしょうか。

火を見てただただ癒されたり、焚火台で調理をしたり……ソロキャンプで自分の焚火台を使って焚火をする時間というのは素晴らしいものです。

やり方をしっかりとマスターして、ソロキャンプの時間を充実させていきましょう。

関連記事一覧