ギア準備

初めてのキャンプはわくわくしますが、準備に不安がありますよね。初めてのキャンプで失敗しないギア(道具)情報を提供をします。

ソロキャンプをバイクで楽しむためのポイント

今はソロキャンプの人気が高まっていますが、車ではなくバイクでのソロキャンプを考えているという方も多いでしょう。

確かにバイクでのソロキャンプというのはとても魅力的なのですが、バイクだからこそのポイントがいくつかあります。

今回はソロキャンプをバイクで楽しむためのポイントをご紹介していきたいと思います。

・バイクでのソロキャンプで必要なものとは?

まずは、バイクでのソロキャンプで必要なものを押さえておきましょう。

ケースバイケースではあるものの、だいたい必要なものとしては以下のようなものが挙げられます。

〇テント

〇タープ

〇マット

〇寝袋

〇テーブル&チェア

〇焚き火台

〇クッカー

〇バーナー

〇照明

〇ヘッドライト

バイクでのソロキャンプでは持っていける荷物の量に限りが出てきますので、できればひとつで何役もこなせるようなアイテムを持って行くようにしたいところです。

・バイクにキャンプ道具を載せるときの注意点

ソロキャンプではバイクにキャンプ道具を載せるときにいくつか注意しなければいけない点があります。

まず、バイク装備に関してはシートバッグと別にサイドバッグがあるととても便利です。

また、バッグに関しては拡張性のあるものがいいでしょう。

コンパクトにもできて、必要な場合には拡張してたくさんの容量が入るというのが理想です。

そして、道具の入れ方にも注意が必要です。

バランスをとるためにも重たいものはできるだけ下のほうに入れて、バッグそのものがずれたり揺れたりすることがないようにしっかりと固定するようにしましょう。

・バイクで利用しやすいキャンプ場を選ぶことも大切

バイクでソロキャンプを楽しみたいのであれば、バイクで利用しやすいキャンプ場を選ぶことも大切です。

キャンプ場というのはそれぞれでルールが異なる部分もありますので、テントの近くにバイクが置けて、ある程度整地済みとなっているところが安心です。

また、乗せられる荷物が限られる分、貸出アイテムが充実しているところだと持っていけない道具があってもカバーすることができます。

料金面でもバイクでのソロキャンプへの配慮があるとなお良いでしょう。

関連記事一覧